python独学

条件分岐の方法は?

条件分岐の方法は?

条件分岐の方法は、Aである場合に、以下の処理を実行するものと、Aではない場合に以下の処理を実行するという2つのパターンがある。

Aである場合に、以下の処理を実行するという構文

A=10
if A==10:
print(“Aは10だ”)

Aがではない場合に、以下の処理を実行するという構文

A=1
if A!=10
print(“Aは10ではない”)

比較の演算子の意味は以下の通り。

== 一致
!= 異なる

実行する文章はインデントをしている行が認識されるということに注意。

無駄に{}で囲わなくていいのがパイソンの簡単なところ。